ご購入はこちらから(e-ネコショップ)

ファックスでのご注文はこちらから

政宗逸品の製法と紹介

厳選素材:主原料(すり身)

かまぼこの善し悪しを左右するのは主原料である魚=すり身です。政宗逸品では、厳選した助宗たらとグチのすり身を独自の割合でブレンドしています。

助宗たらはアラスカ沖のベーリング海域で漁獲後、すぐに船内加工された最上級品のみを使用、グチは東南アジアのタイ沿岸で水揚げされた、良質の白グチを使用しています。政宗逸品ならではのしなやかな食感と、しっかりとした魚本来のおいしさをお楽しみください。

化学調味料不使用

せっかくの魚本来の旨みを消してしまわぬように、政宗逸品では化学調味料を使用しておりません。

かつおや昆布などの天然の素材から生まれた調味料のみを厳選し、なおかつ使用量を最小限に抑えることにより、他では真似できない上品な味わいを生み出しています。

政宗逸品の製造工程

政宗逸品の製造工程は、鮮度のよい冷凍すり身を解凍する段階からはじまります。専用の解凍室で一昼夜かけて自然解凍することにより、上級すり身のもつ本来の品質を損ないません。ゆっくりと解凍されたすり身は、御影石の石臼の中で桜の杵にて丁寧に擂潰(らいかい=すり潰すこと)されます。


温度に気を配りながら約1時間ほど擂潰したあと、専用の型を使用して手作業で形をつくり、弊社独自の寝かせ工程「(すわ)り」を施します。政宗逸品のパッケージにある「坐り揚げ」とはそこから取ったものです。その後、新鮮な大豆油を用いてじっくりと丁寧に揚げられます。

実に、はじめの解凍工程から揚工程に至るまで、まる一日。阿部善の職人が、まさに手塩にかけてつくりあげる、政宗逸品の誕生です。

商品の味わいは定番の3種類

「政宗逸品」では、白身魚のおいしさと「(すわ)り製法」を堪能していただける「プレーン」、揚げかまぼことの相性もいい「ごぼう」、そして「にんじん」の3種類をご用意しています。
「ごぼう」と「にんじん」は新鮮な野菜の食感と香りも併せてお楽しみいただけます。

■政宗逸品(プレーン)

白身魚のおいしさとぷりぷりの食感を味わえる、政宗逸品のスタンダードです。その食感を最大限に生かすため、大きさや厚みを何度も検証し、この形状にたどり着きました。他では味わえない、なめらかな舌触りと化学調味料に一切頼らない、素材本来のおいしさを存分に味わえる、政宗逸品の基本にしてプレミアムな揚かまぼこです。

■政宗逸品(ごぼう)

ベースとなる生地はそのままに、蒲鉾のしなやかな食感を生かすため、スティック状にカットした国産ごぼうを、そのまま、中に閉じ込めています。シャキッとしたごぼうの歯ごたえと、口の中いっぱいに広がる香りを、存分にお楽しみください。

■政宗逸品(にんじん)

下味をつけた国産にんじんをカットし、自慢の蒲鉾の中に一本閉じ込めました。にんじんの自然な甘さと蒲鉾の相性は抜群です。また、切り口の色どりもよく、目でも楽しめる政宗逸品の名脇役です。

政宗舌鼓(したつづみ)は当社謹製のディップ

「政宗逸品」はそのままお召し上がりいただくのが最もおいしい食べ方ですが、塩竈ならではの素材を用いたディップ(特製調味料)もご用意いたしました。政宗逸品はもとより、様々なお料理にご利用いただけます。こちらも保存料、化学調味料は一切使用しておりません。

■政宗舌鼓<酒粕たれ>

魚の町としてはもちろんのことですが、酒蔵の町としても有名な塩竈。「浦霞」の名でそのファンを全国にもつ佐浦酒造も阿部善と同じ塩竈にあります。その浦霞の酒粕を100%使用したノンアルコールタイプの特製ディップです。プレーン、ごぼう、にんじん、どのタイプとも相性は抜群ですが、特にプレーンがおすすめ。蒲鉾以外にも野菜スティックなどにもよく合います。もちろん化学調味料、保存料は使用しておりません。

■政宗舌鼓<昆布藻塩>

塩竈の名が示すとおり、塩竈市は古くから塩の産地としても有名でした。海藻のホンダワラを通した海水を、竈でじっくりと煮詰めていくという、平安時代から行なわれている製塩方法を用いた藻塩です。その藻塩に北海道産の昆布の粉末をブレンドし、磯の香りと塩の旨みを同時に味わえる調味料に仕上げました。
政宗逸品<プレーン><ごぼう>との相性が抜群ですが、焼き鳥や焼き魚、天ぷらなど料理を選ばず様々なシーンでご利用いただけます。

■政宗舌鼓<柚子藻塩>

地元塩竈のこだわりの藻塩に高知県産の柚子パウダーをブレンドしました。ゆずの香りと独特の苦み、藻塩の旨みとあいまって極上の調味料になりました。
政宗逸品<にんじん>との相性が抜群です。その他にも野菜のてんぷらや蒸し野菜など、お好みでお使い分けください。
宮城県は昆布の南限、そして柚子の北限でもあります。

『政宗逸品』の木箱の由来と、環境への配慮

塩釜港で活躍した漁師たちは、かつては獲れたての魚を「トロ箱」と呼ばれる木製の箱に入れ、魚を運んでいました。
「政宗逸品」はこのトロ箱を彷彿とさせる木箱に入れてお届けします。
また、この木箱には森を守り、育てるために間引かれた杉の間伐材を使用し、環境に配慮した素材でつくられています。

『政宗逸品』の風呂敷(有料でのご提供になります)

日本人の古くから作法として、贈答品を渡す際は直接手で渡さず風呂敷に包んで持参するのが礼儀とされてきました。
その中でも、紫色は敬意を表す色といわれています。
一部商品には有料でのご提供となりますが、贈り物に是非、風呂敷包みをご利用ください。

商品一覧はこちらから